元ダメ営業♀、某GAFAに転職。

田舎でポンコツ会社員だったアラサー女が某IT企業にミラクル転職。何の取り柄もないけど、入社したからにはしがみ付きたい。そんな思いで奮闘する記録をブログにしました。

Amazonを英語で学ぼう!vol.1 Amazon CEO: ジェフベゾスのインスタ

みなさん、こんにちは!おまちです。

今回はAmazonのCEO、ジェフベゾスのSNS投稿を題材にAmazonと英語を一度に学ぶシリーズ第一回目です。

 日本語訳

Amazonは、これまでKeyArenaとして知られてきたシアトルの歴史的なアリーナの命名権を購入しました。これをAmazon Arenaと呼ぶ代わりに、気候変動に対してアクションを取る必要が迫っていること忘れないためにClimate Pledgeと名づけようとしています。おそらく世界で初めてネットゼロカーボン認証を受けたアリーナになるでしょう。施設の維持とイベント運営において廃棄物を一切出さず、製氷システムで雨水を再利用し NHLで最も環境に優しい氷を作ることになります。

 

解説

Amazonはシアトルに本社を置くグローバル企業なので、シアトルのアリーナの命名権を購入することにしたんでしょうね。Amazon CEO ジェフベゾスの総資産額が過去最高になったというニュースがちょこちょこ注目されるからか、『全然社会貢献してない!』『寄付しろ!』『邪悪な企業』みたいな批判がされることが多いですね。それが影響されてるのかどうか分かりませんが、今まで協賛とか、命名権の購入とかは全然してこなかったので珍しい感じがします。

特殊キーワード

net zero carbon certified: ネットゼロカーボン認証(二酸化炭素の排出が正味ゼロだとする認証)

NHL(the National Hockey League): ナショナルホッケーリーグ

英語解説

I'm excited to announce that...

これは英語のお決まりフレーズです。深い意味は無いです。なにかポジティブなニュースを発表するとき、このフレーズから始まるのが通例です。業務上だと、チームの誰かが昇進(プロモーション)したとか、誰かがこちらのチームに異動してくる、というのをマネージャーがアナウンスするメールでよく見ます。逆に、チームの誰かが退職するだとか、違うチームに異動するとかいうときには、It is with mixed feelings(emothions) that I announce ...これをご報告するのは非常に複雑な気持ちではありますが...)というフレーズが使われます。

 

the naming rights命名権) right(権利)

 

pledge(誓い)

 

Instead of(~の代わりに)

 

call A B(AをBと呼ぶ)

ex) Just call me Ken-chan. 僕のことはケンちゃんと呼んでください。

 

a reminder(リマインダー)

リマインダー。カタカナ英語として認知されてきているかと思います。動詞のremindだと、思い出させる、呼び起こさせるという意味ですね。忘れないためのメモ・連絡、という意味です。「こちらリマインドになりますが~」「念のためリマインドをお願いします」と使います。メールだと、件名や本文の一行目に「This is a friendly reminder...」と書いて送られてくることがあります。このfriendlyって言葉は日本語訳しづらいですが優しくて好きな言葉です。突然、件名に「Reminder: 〇〇〇〇」と送られてくると「あなたどうせ忘れるでしょ!」っていう高圧的な雰囲気を感じなくもない(?)ですが、friendlyが入っていると、押し付けたい気持ちはないんだけど...という優しさを感じます(笑)

 

certify(認証する)ex) certification 認証、証明書

 

reclaim( ~を再要求する、回収する、~を改善する、~を再生する)

green - greener - greenest: 緑!?と思うと意味が分かんないと思いますが、緑≒森林≒環境、自然という感じで、環境に優しいという意味です。

 

この記事が役に立った!面白かったー!という方は
ランキングにポチッ!をお願いしますm(_ _)m

↓  ↓  ↓  ↓ 

にほんブログ村 英語ブログへ

にほんブログ村 転職キャリアブログへ